現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:安けない? 名前:MISTAKER
2017/06/20(Tue) 01:54 No.13478 


◆・・・通りの印象を創っていた書店群は姿を消し、みんなその二つか安けない居酒屋になってしまった(京都人だけが知っている:入江敦彦:宝島SUGOI文庫244P)◆

「二つか安けない」の部分の意味がまったく読み取れず、自らのボキャブラリー不足を棚において、「二つか」の部分が誤植かと思ったりしました。実際はこの「二つか」は引用箇所の前文にかかっていたようです。

で、なんとか「二つ」を外して「安けない居酒屋」と読めたんですが、今度はその「安けない」の意味が不明。電子辞書引きしても出てきません。またまた混乱。ならばと今度はネット引き。

やっと「安《やす》けない」は京都弁で「品がない・安っぽい」の意味だと判明。とりあえず「文庫あとがきといった地の文に一語だけ方言を紛れ込ませんどって」と突っ込んでおきました。まぁ自分の方言混ぜも同じようなもんでしょうが・・・。


この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: